肺がん

術後抗がん剤投与後は経口補水液OS-1 扁平上皮がんを克服する

術後抗がん剤投与後は経口補水液OS-1

投与後は多量に補水する 生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。 お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさ…
術後抗がん剤治療は入院を選ぶ 扁平上皮がんを克服する

術後抗がん剤治療は入院を選ぶ

術後抗がん剤投与は入院と外来を選ぶことができる 生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。 お医者さん、看護…
肺がんで左肺下葉を切除(扁平上皮がん) 扁平上皮がんを克服する

肺がんで左肺下葉を切除(扁平上皮がん)

左肺下葉(写真右)を切除した 生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。 お医者さん、看護師のみなさん、ヘル…
肺がん手術後の状態を造影CTで確認 扁平上皮がんを克服する

肺がん手術後の状態を造影CTで確認

肺がん手術後、造影CTなどで残ったがんを調べた 肺がん(扁平上皮がん)手術後、造影CTなどで確認した状況を聞いた 左肺下葉(かよう)に見つかった扁平上皮がんとリンパへの転移を手術前の抗がん剤で抑えて受けた今年2020年9月18日の手術はロボット支援手術となり、既に退院して外来で術後ケアと経過観察を受…
肺がんと既存症(基礎疾患)とは 扁平上皮がんを克服する

肺がんと既存症(基礎疾患)とは

よく聞くコロナ対策は既存症を持つ身ならば切実 既存症とは 昨日の朝(2020年12月3日)のNHKニュースの報道でコロナの重傷者が増えているという収容施設の医師がより注意が必要とする対象として既存症を持つ人の条件を紹介していました。先生がいう既存症は「肺がん」・「糖尿病」・「気胸」・喫煙(経験も含む…
肺がんロボット支援手術は手術跡が小さい 扁平上皮がんを克服する

肺がんロボット支援手術は手術跡が小さい

ロボット支援手術の跡が極めて小さいこと 左肺の下葉とリンパ転移を抗がん剤で鎮めてから「肺がんロボット支援手術を受ける」で説明したような手術を受けたのが今年2020年の9月18日、術後のケア中ではありますがロボット支援手術のおかげでに術後の傷が極めて小さいことをうれしく思っています。従来の切開であれば…
抗がん剤(化学療法)は外来でも受けられる 扁平上皮がんを克服する

抗がん剤(化学療法)は外来でも受けられる

病院には外来で化学療法(抗がん剤投与)を受けられる部屋がある 生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。 お…
造影CT担当の看護師さんありがとう 扁平上皮がんを克服する

造影CT担当の看護師さんありがとう

手術後肺がんが残っていないかを造影CTで検査した 肺がん手術後のケアがはじまった。先生のススメで受けたのは造影剤を使ってのCT撮影、以前にも書いたように私は狭所恐怖症でCTやPET造影、MRIなど筒状の検査機器が怖いのです。 呼吸器外科の先生・看護師さんからの伝達 検査が決まると必ずお話しておくのは…
肺がんロボット支援手術を受ける 扁平上皮がんを克服する

肺がんロボット支援手術を受ける

手術台は病棟ベッドに比べて極めて狭い 左肺下葉やに見つかったⅢB期の扁平上皮がんは抗がん剤投与により転移したリンパ部と共に活動を止めたことでⅡB期となり手術が可能となり、いよいよ9月18日にロボット支援での手術が決まりました。入院は手術の5日前、手術を経て退院は手術5日後という予定で取り組むこととな…
肺がんⅢB期からⅡB期へ 手術へ 扁平上皮がんを克服する

肺がんⅢB期からⅡB期へ 手術へ

発見された肺がん(扁平上皮がん)は既にⅢのB期に進行しており「肺がん診療ガイドライン」によればそのまま手術ができず、化学療法+放射線療法などを受けることになる。私の場合は化学療法(抗がん剤投与)が成功し(体にあい)患部やリンパへの転移が小さくなり(造影CTなどで確認)後、PET造影で活動していない状…
肺がんが抗がん剤で消えてゆく 扁平上皮がんを克服する

肺がんが抗がん剤で消えてゆく

一か月の抗がん剤投与で肺がんが形を無くしてゆく 肺がん(扁平上皮がん)ⅢのB期が見つかりこのままでは手術ができないため抗がん剤の投与を受けて治療をしています。私の肺がんは左肺の下葉(かよう 肺の上部は上葉)に6.8cmまで成長していました。手術を受けるためには腫瘍と共に気管支のリンパなど三か所に転移…
抗がん剤を受ける・点滴が入りにくい体 扁平上皮がんを克服する

抗がん剤を受ける・点滴が入りにくい体

点滴が続く場合はハリはそのまま繋いでおく 二つの病院が地域連携して手術を目指すこととなった肺がん(扁平上皮がん)は抗がん剤の投与を最初の病院の外来に週一回通って受けることになりました。予定期間は3週間余り、三種類の抗がん剤を二度づつ投与し副作用などを確認しながら進めていきます。 発熱して入院する 二…
肺がんの告知を受ける(扁平上皮がん) 扁平上皮がんを克服する

肺がんの告知を受ける(扁平上皮がん)

告知は本人と希望する家族など二人以上で受ける がんを見つけていただいた病院から手術をする病院へと地域連携していただいた私は造影CTやPET造影検査を受け結果を外来で聞きに行きました。 扁平上皮がん 結果は予測されていた扁平上皮がん(へいぺいじょうひがん)のステージⅢのB、左肺の下葉(かよう)に既にが…
血液検査・CT検査から見つかった肺がん 扁平上皮がんを克服する

血液検査・CT検査から見つかった肺がん

肺カメラは軽鼻で行われます 生まれて初めての3ヵ月に及ぶ入院と静養で脊椎管狭窄症を克服して退院した後、入院時から疑われていた肺の異常を調べる検査がはじまりました。 入院の際には感染症や糖尿病・他病の合併症とされ、さまざまな抗菌点滴などによる治療を受けていましたが、白血球の数値などの異常があり整形外科…