新米主夫のお買い物リハビリ

安くておいしい旬のものを買う

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は新米主夫のお買い物、安くておいしい旬のものを買ってきます。

安くておいしい旬

リハビリ日記が新米主夫日記となっていますが冷蔵庫などの食材の在庫を切らさずに安くておいしいものを求めるのも主夫の仕事、昨日は磐田に行きましたので”すかさず”特産の海老芋と地域の特産次郎柿を買ってきました。どちらも秋深くからの産物、登場からしばらく値段もこなれておいしくてフレッシュなものが手に入ります。もちろん買い物に行けば歩くことができ、脚のリハビリにもよいのです。
海老芋の孫イモは茹でて蒸してツルンと剥いて食べるおやつや副食用、大きなイモは味噌汁で楽しむもの、1個剥いて切れば小さな鍋にちょうどよいのです。
そして柿はお昼代わりにちょうどいい甘さを持っています。

お通じがよい野菜沢山の食事
母(89歳)と話せばお通じがとてもよいという。それは野菜沢山の食事(ばかり)作るから、年配女性には豚肉も欠かせないそうでもちろん野菜と一緒に使っています。
料理本に書いてある料理の野菜量を少し増やしてつかえばよりたくさんの野菜が採れるのです。
そしてお菓子を買わずに小腹は孫イモや柿などで採ること、お通じがよいことは健康のバロメーターともなります。新鮮な野菜とフルーツが体に悪いはずはありませんね。

冷蔵庫を整理しながら多めに使い切りの野菜沢山、シャレたものは作れないけれど新米主夫は心がけています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。