弦を取り替えて心の響きリハビリ

弦にも寿命ありいつでも心を新鮮に鳴らしましょう

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は定期的に取り替えるギターの弦、心を一緒に震わせてくれる大切な弦です。

週一から二週に一度

弾いているフォークギターには金属の弦が張られています。高価なものは1組6本で1000円以上しますが使っているのは3組で1000円以下という安価なもの、それでも定期的に取り替えるなら腕にして充分です。
張り替えて1週くらいはフレッシュな音、2週目で安定した音、それでもだんだん重い音になる気がします。
この気になる度合い高まれば張り替える時となります。

軽く震えるようになれば

歌は心を表わすもの、心のままにギターもシャランシャランと軽く鳴れば心地よく、ギターと共に心震わせて歌うことができる。現在は手指と脚のリハビリ中ですがそれを励ますのが心のリハビリとしての歌とギターです。
定期的に取り替えてまた新たな気持ちで取り組めば3組1000円の弦は高価なものではありません。
そして新たな気持ちで毎週火曜の定期練習に出かけ、また新たな目標ができ、新たな発見をするのです。
一緒に響く仲間がいること、一緒に歌う仲間とギターがあること。これはどれだけ心によいことでしょうか。
感謝しながら弦を張り替えて臨むことにいたします。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。