手指でキュッキュッ秋の浅漬け

野菜を刻み密閉袋にいれて浅漬けの素を入れてキュッキュッ漬け

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は毎日楽しむ浅漬け、手指の強化にもなる秋バージョンの浅漬けづくりです。

露地秋ナスの季節過ぎれば白菜の登場

新米主夫として食事の副菜をつくりたいと始めた朝漬けづくり、夏から秋は露地もののナスをたくさん入れて楽しんでいた浅漬けもナスの季節が終わり、いよいよ冬の漬物の代表白菜の登場です。
漬けて楽しめるよう野菜を刻み、密閉袋にいれて浅漬けの素の液体を少し入れるだけ、キュッキュッと袋の中の液体をまわし、一晩すぎれば新鮮な浅漬けの出来上がりです。

浅漬けの液体の色が変わる

ナスを多く使った夏から秋はナスの色が出て液体は茶黒色になっていたものの、キュウリと白菜、ショウガに見ミョウガなら液体は透明なまま、できあがり美しい浅漬けとなります。
なにより一晩くらいなら白菜の白や葉の緑が美しく、見た目も新鮮な浅漬けとなります。
サクサクとした白菜の食感もうれしい副菜のできあがりです。
これからもいろんな野菜を試してみようと思います。みなさんもオススメですよ!

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。