療養・リハビリ仲間の復活!

同じく療養中の仲間が復活した

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は昨日磐田で開催された音楽フェスで同じく療養中の仲間が復活したお話です。

10年のキャリアから手術・療養へ

会社は違うものの同じプロジェクトの営業として静岡県内広く同行営業をしていたかつての仕事仲間は先に腎臓と心臓に発病して先にリタイア、その後リハビリを兼ねて仲間とフォークソングを楽しんでいた。
その彼が今度は動脈の問題で手術、現在療養中ながらフォークソングライブに昨日復活して歌を歌いました。
ひとつ年上の兄貴分は先に復活し、僕は今日療養・リハビリから復活してデビューを迎えます。
思えば一日違いながら兄貴分は手本を見せてくれたとみた。次は自分の番だぞと示してくれたに違いありません

先に10年の楽しみを持っていたステージはすばらしく、先日まで弱っていたように見えたのに堂々としたもの。
完全復活といえる歌と演奏を見せてもらいました。

お互いもう病後、ライブステージに出るというモチベーションを持てば痛いも体力がないも問題はないのです。
さあ、先に復活されてしまった弟分も追いかけていきましょう。
今日はどうどうと病後もうすっかり健康な姿で歌い演奏したいと思います。
さて結果は、まだまだデビューだからまずは元気にやるだけです。それでは行ってきます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。