ギターを運ぶギグバッグを手に入れる

ギターを持ち運ぶためのギグバッグを手に入れました

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は家からギターを持ちだすためのギグバッグのお話です。

練習やライブへの持ち運びに

ギターを運ぶためにはさまざまなケースが用意されており、ハードケースは万全ですがやや重いことから軽いギグバッグというものを使うことができます。
布などで出来ておりギターを衝撃から護るようにパッドなどが入っており、ケースを肩からかけられるストラップなどもついています。練習で、これからはライブなどへもギターを運ぶためにまずは軽いものを選んで購入しました。これならば車で運んだりする場合も安心です。

ケースはさまざま

さらに持ち運びに特化したギグバッグにもさまざまあり、セミハードケースと呼ばれるような高級なものもあり、もちろんよりギターを護ってくれます。今回は迷いましたが数千円から数万まである中からとても安いものを選んでいます。車に乗せていき少し持ち歩くだけならば大丈夫でしょう。(電車で移動するなどの場合は高価でも安全なものが必要でしょう)

買ったものもギターのほか小物を入れる大きなポケットがついており、楽譜歌詞などのファイルやカポやチューナーなどという小物も入れられます。

ピックアップ付のギターで

先日書いたようにギターのサウンドホールに取り付ける後付けのピックアップを取り付けています。
まずはこれでギターを会場に運びPA(音響装置)に繋ぐことができます。

週末までは練習練習

日曜の野外ライブで初声初演奏となる相棒とのユニット、今週は月曜に練習しあとは当日まで自主練習としています。毎日予定曲をおさらいし、歌を歌いさらにブラッシュアップして臨もうと思います。
このバッグを担いで会場入りすることを想像する。そんな準備を続けています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。