ギターにピックアップを取り付ける

野外ライブ用にギターにピックアップを取り付ける

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は野外ライブ用にアコースティックギターにピックアップを取り付けるお話です。

歌にはマイク、ギターには専用のピックアップ

心と手指のリハビリを兼ねて再開した歌とギター、よい相棒に恵まれて練習を続けていますが野外ライブ(室内でも)に合わせてギターに取り付けるピックアップを買い、相棒に取り付けと調整をお願いしました。
ライブでは歌にはマイク、ギターには音を拾うピックアップ(マイク)が必要です。
現在では最初からギターにピックアップが取り付けられているエレアコと呼ぶギターもありますが私の使う古いギターでは後付けでサウンドホールに取り付けるものとしました。

ギターの音を増幅すれば

アコースティックギターにピックアップを取り付ければエレキになりますが、現在のピックアップはアンプを通して増幅するだけでなくアコースティックギターの響胴で響く音をミックスすることもできます。
微妙な調整は経験の深い相棒まかせでお願いしました。
40数年前には経験がなかったものが多い音楽の世界、少しづつ学んでいきます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。