里芋を選び楽しむ味噌汁

イモは選び買う物

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
秋はおいしいおイモの季節、主夫は選んでイモを買えるようになってきました。

海老芋まだか里芋を選ぶ

ジャガイモの季節から里芋へ、そして海老芋が出荷される季節、新米主夫もイモを選び楽しめる季節がやってきました。ピーラーでむくジャガイモは手軽だけれどこの季節は一つひとつ小包丁でむく里芋のヌルヌルも面白く、マーケットやファーマーズ市場でイモを選ぶ楽しみをみつけています。
里芋も大きさはさまざま、土がついているのやきれいに洗われたものなども選べ、これは味噌汁用に、これは煮っころがし、茹でてと考えながら求めています。
そろそろ海老芋の出荷の情報もあり、食べてみたいな使ってみたいなとも思うのです。

レンチンも使って手早く

里芋の楽しさは皮をむき包丁でトントンと切る時のこと、サッと包丁が入るトンもあれば力をこめてトンッもある、個性があるのです。固いものが多ければ煮込むのに時間がかかる。そんな時は迷わず皿にのせてレンジでチン、半分くらい熱して煮る時間を減らしています。
さて味噌汁の鍋の中でやわらかくなり菜箸で割れるほどにできあがれば成功です。

さて今日は磐田方面へ行く、帰りに海老芋を探してみましょうか、今期初海老芋を母が喜んでくれるでしょう。
たわいもないことがうれしい里芋の味噌汁づくりも成長しているのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。