手指リハビリ卒業はピンチゲージ計測で

手指のはさむ力を計測するピンチゲージ

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は病院での手指リハビリの卒業に測ったピンチゲージのお話です。

握力測定と手指のはさむ力をピンチゲージで

一昨日終了した病院での手指のリハビリ、最終日は握力測定と手指先のはさむ力をピンチゲージで測っていただきました。右手の握力は25kgほど、60代の平均は38kgほどですからまだまだ力がありません。
若い頃は確か45kgあったはず、これも今後自主リハビリで取り戻していきましょう。
続いて写真のようなピンチゲージで手指先のはさむ力を計測しました・
手前側にはさむ部分があり、親指と人差し指、親指と人差し指・中指の三本ではさんで計測します。
うれしいことにリハビリを始めた頃はまったくはさみつける力がなかったものの、今はしっかり計測できます。
個人差が大きい結果ですが今のところは大満足です。

親指と人差し指中指で持つピック

じつは心と手指のリハビリのために再開したギター演奏にはピックという薄い樹脂板を使う奏法があります。
まさに親指と人差し指ではさんで使うもので、当初ピックは持てず(落としてしまうほど)、弦に触れたら飛んでいってしまうほど力がなかった手指でした。
それが厚みを改造していますが今は親指・人差し指・中指の三本の先で持てば保持できる。
ピックで微妙な力加減で弾くなどさまざまに楽しめるようになっています。
目的は達成し、さらに力が増すよう自主リハビリをしていきます。

リハビリの作業療法とは生活する上での作業を取り戻す医療、F先生の指導でここまで戻すことができた。
さらに力が出せるよう指導もアドバイスもいただいています。
元気にギターを弾く様子を先生に報告したいと思っています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。