整形外科リハビリのおわり

入院時からお世話になったリハビリルームでの指導も来週まで

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は手指のリハビリの終了のお話、来週金曜日が最後のリハビリとなることが決まりました。

手指の神経手術から一年

昨年、回復しつつある脚の自主リハビリを行っていると手指の痺れを覚えた、入院した整形外科(手指)に相談すると肘からつながる神経が圧迫されて起こる症状ということで手術を受けた、以後既に鷲手となり痺れた手指の回復のため通院リハビリで回復を図ってきました。
病院内リハビリルームを使えるのは退院から一年まで、それが来週末となり、現在行っていただいている自主リハビリのための指導を終了することになりました。

鷲手からの回復

当初は既に重症となっていた右手指は鷲手と呼ばれる手指が内側に曲がってしまっており、この回復のためにマッサージや回復するための自主運動を学んで実行、現在は指もまっすぐに近くなり回復してきています。
また同時に麻痺が進んでいた指先も筋肉の回復から重いものは持つことができ、現在軽いもの指先を使うものについても持てるよういなり、回復してきています。
当初重症といわれていた手指は見た目もかなりの回復となりました。

これからは学びを活かして自主リハビリで

担当医や担当の作業療法士さんに診ていただき指導いただいているからこそできていた自主リハビリですが、来週末の最終回以降は全て自分の努力で回復してゆくことになります。
まだまだ全快には遠くはありますが今まで学んだことを活かして取り組んでいこうと思います。
学ぶうちに自分らしいスタイルで回復させる方法を編み出してきています。
家事やギターなど自分で取り組んでいるリハビリも加えて取り組んでいこうと思います。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。