味噌汁の具材投入時間を工夫する

味噌汁は残り野菜の活用どころ

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は手指のリハビリと早起き時間を活用する味噌汁づくりのお話です。

味噌汁の具材は冷蔵庫の残り野菜の活用どころ

毎日食事を作っていると冷蔵庫の在庫野菜に詳しくなる。じゃがいもが残り2個、里芋は4個だけど今朝はじゃがいもを食べてしまおう、冷凍しておいたインゲンがある。椎茸も残りを使ってしまおうなどと考える。
イモ類は硬いもの、青菜はすぐに煮えるもの、あとは豆腐やあぶらあげがあれば味噌汁には充分となる。

具材の投入時間を研究する

母は火の扱いが危なくなってから料理をしていないからすっかり忘れてしまいあてにはできませんが、明日は里芋にしよう、合わせるものは玉ねぎでいいねなどと会話してアドバイスをもらう。
台所に使う野菜を出してまな板を出し、トントンと刻みながら小さな鍋の中の水を温めながら投入してゆく。
最初はなんでも一緒にいれてしまうから野菜のごった煮みたいな味噌汁になったけれど、工夫をし出してから味噌汁らしいものができるようになった。
それは具材の投入時間を工夫するようになったからでした。

イモはチンを活用、青菜は最後に色合いづけで

じゃがいもはピーラーで里芋は小包丁で皮をむく、これが最も時間がかかるけれどこれができればもうあとは投入するだけのようなもの、刻んでからレンジに少しかければ煮込み時間が減らせる。
イモが煮えて菜箸でほっくり割れるようになれば充分となる。
あとは煮込みすぎないほうがよい椎茸や青菜などを仕上げに入れて煮込みすぎないように気をつけ、味噌を入れる。その後で暖める程度で豆腐を入れ、あぶらげを入れる。
あとは味噌を薄くとけばできあがり、味噌は煮込まないほうが風味がよいのです。
などというように失敗を活かして工夫していけば主夫の朝は段取りよくできるのです。

自ら作った味噌汁の具を説明して母に出せば喜んで食べてもらえる。未だに野菜スープのようだけれど自分でも納得の味となるのです。
そうだ、そろそろ大根を一本買っておこう。そんなことを考えて買い物で買い足しておくのです。
早起きは味噌汁が上手となる。こんな手指のリハビリで包丁や菜箸使いが上手になってきています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。