森林公園に雨雲晴らす歌の秋

空まで晴らす歌声が響きました

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は昨日出かけた静岡県立森林公園でのアマチュアフォークライブのお話です。

準備は雨や風の中で

野外ライブの心配は天気、昨日正午から予定されていた野外ライブは午前の準備時間には雨が降られたものの、開催時間迫ると共に雨雲がきれ、出演の歌声が響けば晴れ間が見えてきた。
今年一番の冷え込みも秋のライブを思わせました。歌声を空まで歓迎する音楽を楽しむ秋です。

歌声は地域を超えて

コロナ禍の中、地域のアマチュアライブは検温・消毒・参加者名簿に換気などさまざまなケアの下、マスクをしたまま歌い、楽しむ私たちもマスクはもちろん手拍子のみで共に歌うなどを規制してきました。
今月からはもちろんディスタンスを保ったまま出演者はマスクなしで歌えることとなりました。
野外ライブの楽しさ、しっかり声が届き顔の表情もわかるうれしさは格別です。
今まで地域だけで開催されていたものの、今回は静岡市からの出演もあり地域を超えて活動がはじまっています。※今後隣県などの音楽仲間の出演も検討されてゆくようです。

アマチュアライブは人を結びつける

準備から片付けまで主催はもちろん出演者を含めみなが手伝って成り立つアマチュアライブ、そこでの交流で知り合いが増え、また出演情報なども得て楽しむことができます。
何度も顔を合わせ、演る側楽しむ側の隔てもなくなり大きな音楽を楽しむ仲間が集まるところとなっています。
今月は毎週末に開催されるほど各地が賑やかになってきています。
週一の楽しみにライブを楽しむ、音楽の秋がやってきました。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。