もみもみリハビリ 子メロン漬けで楽しむ

メロンの摘果子メロンを楽しむ

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は手指のリハビリを兼ねての浅漬けづくり、地域にはメロンの摘果の子メロンが手に入ります。

子メロンを見つけた

先日天竜川の向こう磐田の友と食事と買い物に行くと物産販売で子メロンを見つけました。
磐田や袋井は全国的にも有名なメロンの産地、よいメロンを蔓に一個つくりあげるために摘果した小さなメロンはこうして漬物などに使われます。
産地でなければ手に入らないおいしい漬物の材料です。

朝漬けは手もみもみリハビリのひとつ

朝漬けはキュウリやナス、キャベツにミョウガやショウガを刻んで密閉袋に入れ、朝漬けの素という漬物液を少量入れて揉めばできあがる簡単でおいしい漬物です。
今回はここに子メロンを入れて爽やかな香りを足しています。
子メロンは皮のまま使い、青いフルーツの味、季節は過ぎました夏の爽やかな味を加えることができます。
ナスやキュウリは少ししんなりとなりますが子メロンはしっかりとした食感、それも子メロン漬けの楽しみです。

もんでもんでまたもんで

全てを密閉袋に入れて漬物液を入れればあとは液をまわすためによくもみます。
包丁で野菜を切る、よく揉むのも手指のリハビリのひとつ、リハビリを兼ねておいしい漬物ができるってステキでしょう。さあ朝の膳に爽やかな香りを添えましょう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。