ガーリックを揚げて経験する

料理はどこかで初めてを経験できます

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は手指のリハビリを兼ねての料理づくり、添える一皿として選んだのが長いものサイコロステーキです。

ガーリックを揚げる

料理の楽しさはどこかに初めてがあること、長芋を焼くとおいしいことは経験していますが、今回の初めてはガーリック(ニンニク)にありました。
ひとかけを輪切りにしてオリーブオイルで揚げる。じつはニンニクを扱ったことがなく、あの球根状からひとかけをはずし外の薄皮をはずす。しっかりとついていて取れないから爪でカリカリやる。
もちろん爪はしっかりニンニクの臭いがついてしまいます。
ようよう剥いて薄く輪切りにすればさらに指にニンニクがつく、おいしいものづくりにはそのくらいの試練は必要だとすすめました。
少量のオリーブオイルでフライパンの角で揚げればカリカリとなる。あまり揚げすぎてもいけないようです。

さて料理をとニンニクを探せば冷蔵庫に忘れていたものはカラカラに乾いて小さくなってしまっている。
ニンニクのみを買い求めに行こうと思いでかけましたが、はた!と気づいてコンビニに行けば売っておりました。わが町はマーケットが撤退した分、コンビニが野菜を売ったりもしている。その中にニンニク(130円也)もあったのです。

わが初めてのニンニクむきと輪切りと揚げ、見事にサイコロ状にきって焼いた長芋の上に振りかけることができました。この経験で次にはスマートに料理ができそうです。料理は経験なり、今晩もおいしく平らげましょう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。