ギター演奏は指先リハビリ

ギターをかき鳴らすピックを改造

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は心と手指のリハビリのギター演奏、痺れた手指で使うピックにも工夫をしています。

ピック演奏でシャキッと音を出す

相棒と共に楽しむ歌とギター演奏では写真のようなピックを使っています。ピックとはおにぎり型の薄い樹脂でできたものでこれを右親指と人差し指で持ち弦を弾きます。
手指での演奏と違うシャキッとした音を出すことができます。
さて現在の痺れた手指では重いものはしっかり持つことができますが、薄く軽いものを取り落としてしまう。
例えばコインを自販機に入れるなどの時に問題が起こりがち、薄く重みのないピックも保持しにくい、ましてや張った弦を弾く演奏ですから取り落としてしまうのです。
そこで工夫しているのはピックの厚みを増すこと。
テープなどで厚みを持たせ輪ゴムなどを巻いて滑り止めにして使っています。
このピックなら持ち落しすることがなくなりますが、まだまだ手指の力が足りない、そこは毎日のさまざまな家事などで手指を使って運動して力をつけています。
楽しむリハビリのためには毎日のリハビリが大切、こんな工夫を重ねています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。