朝漬けもみもみリハビリは塩コンブ漬け

野菜をよく揉んでつくる浅漬けはver.5に!

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は手指のリハビリを兼ねて楽しむ朝漬けづくり、アドバイスをいただきver.5に挑戦です。

トントンモミモミ楽しい浅漬け作り

早起きと手指のリハビリを兼ねて始めた朝漬けづくり、FBなどで紹介するとさまざまなアドバイスをいただけて
今回は既にver.5!今までは浅漬けの素を入れていましたが、なんと塩コンブだけでも朝漬けができるという。
早速塩コンブを買ってきての挑戦です。
まずは楽しい野菜刻み、慣れてくると一回につくる量からキュウリやナス、ショウガにミョウガ、キャベツなどの量がわかり切り方も工夫できるようになる。
朝からキッチンでトントンと刻んで準備しています。

塩コンブモミモミ

いつもなら密閉袋に野菜を入れて朝漬けの素を少量入れて揉むだけ、野菜を揉みはじめればすぐにしんなりして水分が出てくる。一晩から一日経てばおいしい浅漬けができあがります。
今回は浅漬けの素を入れず塩コンブのみ、袋に野菜を入れながら塩コンブを混ぜていき、同じように袋をモミモミ(これが手指にはよい)すればやはり野菜の水分が出てくるのです。

工夫は毎回

野菜の切り方、混ぜ方、揉み方などさまざまに工夫を加えると食べる時においしい。毎回小さな失敗を重ねているから毎回上手になってくるのです。
母がバリバリと食べてくれ「健康にいいね」と言ってくれるのがうれしく毎日浅漬けしています。
もう次の挑戦を見つけている。野菜を見れば浅漬けにできないかと考えるのも楽しみのひとつなのです。
そしておいしく食べること。これがリハビリの体をきっと強くしてくれることでしょう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。