晴れてピカピカの音楽日曜日

緊急事態宣言開けの日曜は音楽の秋

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は緊急事態宣言解除から始めての日曜、解禁となりました音楽ライブの観戦でした。

フォークソングから懐かしい音楽まで

参加している音楽グループも主催者のご努力で再開、昨日は新築された浜松市新都田のサーラ音楽ホールの多目的室でアマチュアフォークを中心のライブ鑑賞に行ってきました。
披露の場を求める多くのライブ演奏家に新たな場所を紹介する目的もある今回はピカピカの新築の中での秋一番の音楽を楽しむことができました。
出演されたのはフォークソングを中心としたグループとソロ、そしてもう一組普段は老人施設などで音楽会を開催するグループでした。

懐かしい曲に心がなごむ

音楽は時代と共にあり、音楽は誰の心にも響きます。少し世代が違っても共有してきた文化を再認識するのも楽しいこと、写真の「はるる」のみなさんは施設などで「一緒に歌いましょう」とリードするボーカルの指導と琴や三味線、フルートに篠笛という演奏ユニットで私たちを懐かしい世界に連れていってくれました。
まだ施設訪問などはできませんが、いつかマスクをはずして一緒に歌うあの日常を取り戻したいものですね。

ギターと歌が響く

そして中心となるのがフォークソング、70年代の歌声から最新の歌までがさまざまに披露されるライブも本来は一緒に口ずさみ、一緒に歌うものでしたがまだまだそれは許されていません。
音楽の秋のはじまり、これから毎週のようにさまざま企画されるライブへの参加が楽しみです。
ずっと待っていた心を豊かにする秋の本格的なはじまりです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。