料理は全て右手で行うリハビリ

包丁から菜箸、盛り付けまで右手で行う料理

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は右手指リハビリを兼ねてはじめた料理づくり、料理ができれば手指が疲れるほどの運動になります。

右手指は使って治すこと

週一でリハビリに通い担当していただいている作業療法士さんに聞けば日常生活で右手指をさまざまに使うことで萎縮した筋肉を戻し神経を取り戻すことになるという。
ならばと料理に挑戦しています。
最初は野菜を切る包丁も怖かったものが次第に慣れてくる、手指は萎縮した筋肉あれば健常のものもあり補助しあって動いているという。慣れればさまざまに動かすことができるのです。
右利きだからほとんどの作業は右手で行う。菜箸などの料理道具も料理の目的があれば動かすことができるのです。

盛り付けはさらに重く

刻んでいるうちは軽かった材料も料理ができあがり、盛り付けるとなるとかなりの重さとなります。
椀や皿に盛りつけたり運んだりするのも右手ですれば料理もリハビリになりそうです。
もちろん食事も右手で、そして洗い上げも行えば一連の運動となります。
使った右手指はジーンとするほど。それでも毎日すればこれもリハビリとなるに違いない。
63歳ではじまた料理づくり。これからも続けていきます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。