めうがの花(茗荷)

到来物の茗荷に花が

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は茗荷をいただいたお話、なんと花がついています。

めうがや

落語では茗荷(みょうが)を食べすぎると物忘れをするといい、茗荷屋という宿の主人と女将が仕組んで旅の人に茗荷尽くしの料理を出して持っている大金を忘れさせようと仕組む、翌朝旅立った後の部屋を探しても大金は忘れられていない、よく考えれば宿代をもらうのを忘れたという噺です。
食べすぎるとさて物忘れするかは老人の入口ですので他要因もありわかりませんけれど。

茗荷の花

茗荷はショウガのように濃い緑の葉を茂らせ、その根元から出てくる芽をいただくもの、今だその状態を見たことがありませんが、茗荷は枝に生るものと思っておりましたが、これは芽であるといいます。
いただいた茗荷には花がついていた。土から芽を出し初めに花がついているといいます。
珍しいものをいただきました。

味噌汁の薬味として

茗荷といえば甘酢漬けのほか薬味として使います。朝の味噌汁づくりを日課にしていますから薬味でうれしい茗荷、数日分はありそうですから独特のあの香りを愉しんでいます。
花がついたままの新鮮そのものの茗荷、季節の香りとしていただきます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。