お彼岸参りすればトンボ来る

お彼岸に生かされている者の報告は

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝はお彼岸の墓参り、なむなむと唱えて家に戻ればというお話です。

父と娘への感謝

家の墓にお彼岸参り、墓の周りの草を抜き墓石を洗って清め線香をあげてなむなむと祈り報告をする。
若くして亡くなった娘、10年となる父に今生かされている身の報告をして、守っていただいたことに感謝します。主治医には「持ってますね」といわれたようにギリギリ手術可能であったこと、転移はじめたガンまで全て退治できたことはきっと娘と父のおかげ、感謝し今生きるものとして母を大切に暮らそうと思うのです。

玄関にトンボが

墓参りを終えて家に戻れば玄関にトンボ、撮れないだろうとスマホを取り出して寄せてみても逃げる風はなくじっとしている。お参りすればもう娘と父がやってきてくれたようでうれしく思うのです。
コロナ禍の中の自粛の上の自粛、通院や検査もしっかりやり、療養生活を活かして母の世話や家事をする。
この一年がんばってきたことを娘や父は見ていてくれたのでしょう。
生かされた人生をまだまだ歩め、トンボはそう教えてくれました。娘父トンボありがとう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。