歌とギターリハビリに夢中になれば

夢中になれば手指がぁっ!

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は心と手指のリハビリを兼ねた趣味、歌とギター演奏に夢中になればというお話です。

人差し指で6本の弦を押さえるバレー

ギターを弾く人ならばご存知ですが初心者が最初にぶつかる壁にFコードを押さえることがあります。6本の弦を人差し指でいっぺんに抑えるFコードは難しいものです。
もちろん慣れてしまえばどうってことはありませんが張り替えたばかりの弦は張力も強く抑えるには力がある程度いります。そんなコードを多用して夢中になって弾いていると・・

指に弦の数の押さえ後が!

療養中であることから物も持たず働かずの指はやわらかくなっていることがこれでもわかります。
なんと夢中で弾いた後で気づけば人差し指に6本の弦後がくっきりとついています。
意識しないうちにこんなにがんばって弾いていたことがわかります。

指のリハビリ効果あがる演奏

痺れてしまった手指を戻したいと週一に病院のリハビリルームに通い、担当の作業療法士さんから自主リハビリの方法を学んでいますが、さまざまな運動の成果が出ているのはギター演奏でもわかります。
最初弾けるどころではなかった右手指が動きだし、今やピックを手指先である程度の時間持てること、演奏もまだ問題はあるものの、及第点くらいには弾けるようになったこと、そしてそのことで演奏が楽しくなっていることが最もうれしいことです。
マイナスから限りなく0に近づき、プラスに転ずるまでがんばって手指リハビリそして目標の演奏を続けていこうと思います。楽しんだあと右手指がずっしりと重くなるほど、それほどに運動になっています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。