指先まで小さなものを運び落とす

手のひらから指で押しながら指先まで運びひとつつづ落とす

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は作業療法士さんに教えていただいた指先へコロコロそして落すリハビリです。

軽いものを指先で扱うのがおぼつかない

駐車チケットを精算機に挿入する。コインを投入するなど指先でほんの軽いものを扱うのは日常の動作ながら、これがおぼつかない。それを作業療法士さんに伝えると新たなリハビリを教えていただきました。
名付けて「指先コロコロ先へそしてひとつづつ落す」リハビリ運動です。
重いものは大丈夫でも写真のように小さな木片のようにごく軽いものが苦手、コインも同様です。
リハビリでは木片のほかビー玉やおはじきも加えて練習させていただきました。

手の平から指先へ

コインで清算などの際に複数のコインを使うならひとつづつ指先へ他指で誘導しながらひとつづつ投入口へと落してゆく、それも縦方向に向きを変えて落とし込んでいきます。
この運動をできるようにするためには指先と他指が連携して行います。そして一つづつ投入してゆく。
この動作を正確にするのに現在時間がかかります。コインを取り落としそうになるのです。
運ぶ指、残りを保持する指、そして指先の連携ができなければ取り落としてしまいます。

出来ないことを見つけて暮らしを取り戻す作業療法

リハビリには理学療法と作業療法がありますが、作業療法士さんは生活の中でできないことを取り戻すリハビリを担当してくれます。
指の痺れでも何が不得意でできないかを確かめ、解決するように導いてくれます。
見つけていただいた親指先ひとさし指先の不具合をさまざまな運動を学んで取り戻していこうと思います。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。