2時間保つのは心が求めるから

月曜に相棒と2時間の歌とギターの練習をすれば

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は心と手指のリハビリを兼ねた歌とギター、なんと月曜に2時間の練習に耐えられました。

体は心が動かすもの

週一の手指のリハビリで担当いただいている作業療法士さんに自主リハビリの方法を学んでいますが、それと共にコロナで閉じ籠もる心も開きたいと相棒が誘ってくれた歌とギターのリハビリを再開しています。
右手指のリハビリ効果が出てきたのかギターは前よりグッと弾けるようになってきた。
それ以上にそんな機会を持つこと、共に楽しむ仲間がいることで励まされ、一所懸命に弾くのです。
するとどうでしょう、2時間の練習時間を歌い弾き通せた。まだ時間が足りないようにも思ったのです。

「随分弾けるようになってきたね」という言葉もうれしく歌とギターは未来を見させてくれはじめています。

心が大きいリハビリ

目的を持ち目標を持てば為せる。こんな基本を確認するような毎日、さらに右手指を動かそうと料理をしたり家事をしたりなんでも右手指を使ってするようになっています。
すると物を取り落とさなくなった、正確につかめるようになってきたとさまざまな変化が現れた。
そして前を向けるようになってきたのです。

相棒に感謝

相棒はじつに46年前に高校の文化祭で一回だけ一緒に歌とギターをやった仲間、縁あって再び一緒にやろうとこの手指の自分を誘ってくれた。
そしてこの出会いから自分の夢はまた広がっています。
手指は心に通じています。もっともっと自由に動きもっともっと心を開いてゆく、一緒にいて見守ってくれる仲間に感謝しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。