手指先の洗濯バサミリハビリ

洗濯バサミで手指先のリハビリ

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題はいつでもどこでも指先の力を増す洗濯バサミリハビリです。

指先の方向によって力の出方が違う

痺れて鷲手になってしまった右手指、指を揃えようと思っても薬指と小指が開いてしまう。問題は親指と人差し指先で挟む力がない、本やノートを1ページづつ開く、薄い紙を持つ、コインをとりあげるなどが苦手な状態です。指の力をあげる運動として作業療法士さんにアドバイスいただいたのが洗濯バサミリハビリです、

これを親指と人差し指先で開く運動ですが、手のひら側でこれをすると力が入りますが、写真のように親指を上にしてやろうとすると力が入らないのです。こんなことを解消するために机の上、出かける時のバッグの中にもいれて運動しています。

洗濯バサミのテンションはさまざま

やり始めて思ったのは洗濯バサミによって開く重さが違うこと、既に家にあったものを数種類使っていますが、モノによっては強く、また弱い。これも用いる時の工夫のしどころです。

洗濯バサミで行うリハビリ。みなさんも試してみてくださいね!

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。