指先強化にセラプラストリハビリ

握る・伸ばす・つぶす運動強化に便利なもの

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は遠州病院のリハビリルームで学ぶ自主リハビリ、セラプラストという粘土状のツールを使います。

指先を鍛える運動

痺れて力がない右手指を回復するために毎週リハビリに通い、担当してくれている作業療法士さんに課題やアドバイスをいただき自主リハビリを行っています。
衰えた右手指の筋力を増すために使っているのが写真の青い粘土状のセラプラスト(商品名、他にセラパテ)です。
色によって硬さが違い、現在使っているのは中くらいの硬さの青、これを丸めたり握ったりする運動ができるほか左手で持ち右手指で伸ばすなどの運動ができます。
最も力がないのは親指と人差し指先の力です。写真で行っているのが指先で押しつぶす運動です。
ある程度硬いものを指先で押しつぶすのが運動になります。

ギターを弾くためにも

心と手指のリハビリのためにも運動となるギター、弾くためのピック(親指と人差し指で持つ小さな樹脂製のもの)をしっかり持つためにもこの運動は重要です。
ある程度厚いものは指先で保てますがコインほどの厚さから薄いものは苦手、現在ピックにテープなどを巻いて保持力をつけています。
作業療法士さんについて学ぶ自主リハビリ、ギターのためにもとても有効です。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。