右手指の爪を伸ばして

右手指の爪だけ伸ばすのは

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は伸ばしては形を整えている右手指の爪のお話です。

ピック代わりの右手指爪

ギターを弾くためには右利きなら右手指先の爪を伸ばして弦を弾く、さまざまな弾き方がありますが爪があることで弦を力強く正確に弾くことができます。
まだまだ痺れた小指以外の爪を伸ばし、衰えたそれぞれの指先を使ってギターの練習をすればリハビリとなる。
そんなつもりで爪を伸ばしています。

ギター練習でがんばれる指たち

先日お話したピック演奏では親指と人差し指で薄い樹脂板であるピックを摘まみますが、その指先の力がまだ弱いことからピックの厚みを増しています。
楽曲によっては右手指先でアルペジオやスリーフィンガーピッキングなどで楽しみます。
不思議なことにギターを抱え練習しようとすると右手指は動き出す。
掴もう弾こうとすれば痺れもとまり動こうとしてくれるのです。
指の筋肉リハビリを続けていますがそれよりギターを抱えたほうが指は治ってゆくように思えます。

心も響く歌とギターリハビリ

コロナ禍の中でも続いていた衛生と換気・ディスタンスをとったさまざまなアマチュアライブも休止中、心のリハビリを探してしまいますが、今は一人でする心のリハビリ時期、たまの仲間との練習以外はひとりでギターを抱えて歌います。
すると思わず指は動いている。うれしくて心も動くのです。伸ばした爪で弦を弾いているのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。