手指のリハビリだCook Do!

療養を主夫で過ごすならばColl Do!料理してみよう!

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は療養生活を主夫でおくる楽しみが簡単料理をつくる喜びです。

野菜の刻みを学ぶ

右手指のリハビリのために始めた料理、難しい料理はできずとも野菜を刻み肉を加えて調味料袋の中身を混ぜるだけならできる。それにはまず野菜の刻みを学びます。
昨日のメニューはマーボーナス、冷蔵庫に買いためたナスやニンジン、ピーマンに余っていたゴーヤを食べやすい大きさに刻むのが料理の中心です。
はじめて数週間、刻んだ野菜の大きさにより硬かったり食べにくかったりした失敗を重ねれば勘所をつかんだ。
野菜は多めにし、刻む薄さや大きさを工夫すれば思うとおりの料理ができあがります。
まさに「料理しよう!」というCook Do(このような料理を簡単にする調味料)そのものです。

冷蔵庫の野菜を上手に消費する

夏の冷蔵庫は計画しないと野菜が余りがちになり、しおれたりカビたりもしがち、料理を決めて買った野菜は煮三日で消費できるよう工夫します。
料理しながら野菜が適格に使えていけば楽しさが加わります。秘訣は野菜を多めにすること。
調味料は濃い味であることが多く、表示より野菜を多くつかえばちょうどよい味になるのです。

刻むテクで指をリハビリする

なにより楽しいのがしびれた右手指で包丁をにぎり野菜を刻む時間です。大きさがまちまちな野菜を食べやすい形や大きさ薄さなどを工夫して下ごしらえすればもう料理ができたも同じです。
日にひに工夫すると包丁を持つ手が楽しくなる。これも手指のリハビリによいに違いありません。
洗濯や洗濯干しにたたみ片付け、簡単料理に掃除など療養生活を楽しみにかえれば充実してきます。

パラオリンピックの選手たちを応援しながら自分の軽い障がいを克服してゆく。
パラアスリートのつもりで楽しむ家事に取り組んでいます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。