ピックで演奏できた WE HAVE WINGS

続けてきた手指のリハビリ、とうとうピックでギター演奏できました

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は続けてきた手指の自主リハビリ、とうとうギターピックでの演奏ができました。

ギター演奏に使うピック

ギターを演奏するにはさまざまに右指を使いますが、弦を弾くピック(写真の手指で持っている薄い樹脂製のおにぎり型)は親指と人差し指先で持って使います。
ピックで演奏することにより弦へのタッチが正確にはぎれよくなるなど大きな役割を持つものです。

親指と人差し指先に力がない

一昨年末からの5回ほどの入院や手術の間に衰えた脚、そして気づかずに進行していた手指の麻痺で右手指が鷲手となり小指が動きにくいこと、そして親指と小指先に力がはいらなくなる状態です。
既に神経への圧迫を減少させる手術は済み、現在リハビリを作業療法士さんに受け、自主リハビリの方法を指導いただき毎日トレーニングしています。
手指先の力をはかるゲージでは極めて力がないものの、自主リハビリで少しづつ力が入るようになり、とうとう今日は薄い樹脂片であるギターピックでギターを弾くことができるようになりました。
張りつめた弦をピックで弾くと今までは手指先で保持できず飛んでいってしまっていたのです。

まだまだ長くは続きませんが新たな目標と工夫を見つけた思いでいます。
年令からも完全には治らないといわれる手指先、それでも出来ることを出来る方法で増やしていこうと思います。

パラオリンピックがはじまりました。パラアスリートへのメッセージで伝えられた「WE HAVE WINGS」この精神で取り組んで行きたいと思います。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。