右親指の筋肉を戻すため

左に比べて右親指と人差し指の間の筋肉が萎縮している

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は現在行っている右手指のリハビリ、まだまだ親指と人差し指の間の筋肉が萎縮しています。

親指と人差し指先でつまむ力

指の動きなど健常の時には注意もかけないもの、手指でつかみ・はさみとさまざまな動きでモノを使わせてくれる手指が思うように動かなくなったら、一連の入院・手術の間に進行していた脚と手指の筋肉の萎縮は発生してしまうと60歳以上では戻らない、戻るかはわからないといわれます。
手指の動きは意識しないでもできることですから、モノを取り落としたり、取り上げにくかったりする。
親指と人差し指でする動作も多く、たとえばサイフのコインを取り出しにくい、取り落とすなどのことが起こるのです。

動かして刺激し筋力を回復する

筋肉は運動してつけるものではありますが、末端の手指などはごく普通に動かすことのみ、特別に筋力を増す運動などはありません。スポーツの筋肉とは違ういわば生活筋肉ですからどう取り戻す運動をしてよいかがわからない。
そこで現在週一で遠州病院のリハビリルームで担当作業療法士さんに運動の仕方をアドバイスいただいています。

右手でしていることを意識して行う

生活の中で右手指の力を増していきたい。ならば右利きであるから右手でするものを手指を意識して積極的にする。テレビを見ながら手指を刺激し、洗濯ばさみ運動、輪ゴム運動などを繰り返したりしています。
けれどこのへこんでしまっている筋肉が左手指のようになるには時間がかかりそうに思います。

案外ある親指・人差し指先の役割

この二本の先ですることは意外と多く、うまくいかないことで気づくことがあります。例えば病院外来で有料駐車場にいれて帰りに清算して出庫します。
まずは駐車券を精算機に入れるのもこの手指、そして表示された金額をサイフから取り出して精算機に入れるのもこの手指、おつりを受け取るのも同じです。
意外なほど多く使う手指であることがわかります。それをなにげなく意識せずにできるようになるにはまだまだ筋肉を取り戻さねばなりません。さまざまな指導をいただいて続けていきます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。