手指のリハビリにセラプラスト

握る伸ばす手指の運動にセラプラスト

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は昨日手指のリハビリ指導いただいた遠州病院リハビリルームのまるまるまるまる煎餅さんからの教えです。

親指と人差し指先の運動をしよう

回復中ながら右手指の筋力の低下から特に親指先と人差し指先でつまむ力がない、そこで担当する作業療法士さん(家庭生活での不便をなくすよう指導する)から教えられたのがまるで粘土のようなセラプラストです。
青や赤色がある手にくっつくことなく伸ばしたり押しつぶしたりする運動ができる化成品です。
少し練って適当な大きさにして手指ではさめば強い弾力で押し戻される、そこをがんばればつまむことができ、引き伸ばすこともできる。色によって弾力が違い青は中レベルほどのものです(赤のほうがやわらかい)

都度の課題を自主リハビリで

先週までは指先で洗濯ばさみをつまむ運動を、今週はセラプラストで指先の力を増す運動を工夫しては提案いただく、それを一週続けてその結果を来週見てもらえば有効なリハビリ運動がわかるのです。
手指への神経は続いていても長く筋肉の痩せが進行していたため、60歳を過ぎた年令では戻るかはわからないというのが主治医の見解ですが、作業療法士さんは毎週テーマを決めて運動させてくれています。
ここでリハビリをやめればあとは自主のみとなる。たくさんの課題は全て筋肉を戻し筋力を増すものなのです。

今週はこのセラプラストを手にいれてツールとして活用したいと思います。
当たり前にできたことができなくなった今を克服する。強い味方である療法士さんにもよい結果を見せてお礼としたいと願うのです。ギュッギュッ ビローンと伸ばす運動をはじめます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。