手指先洗濯ばさみリハビリに励む

親指と人差し指先で洗濯ばざみを開く

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題はリハビリルームの療法士さんに指導いただいている自主リハビリのお話です。

手指先の力がない

毎週金曜日遠州病院リハビリルームで担当してくれているまるまるまるまる煎餅さん(女性作業療法士)に手指の自主リハビリのアドバイスをいただいています。
神経は通じて動かすことはできるものの、現在手指先の特に親指と人差し指の先に力がないことから写真のように洗濯ばさみでのリハビリを習い実行しています。
重いものは持てるものの特に薄いものをつまむ力がない状態から力をつけるため、洗濯ばさみを開いてある程度薄いものをはさむ作業をリハビリ運動をするのです。

洗濯ばさみを開く力がない

現在写真のようにして洗濯ばさみを開こうとするとわずかしか開くことができない、これを続けることで少しでも手指先に力を戻す(筋肉を強くする)ことを目的としています。
がんばってがんばってと力をこめても数ミリ開けるのが現状です。
力がついてきたらより厚いものをはさめるようにしていきます。

家庭にあるもので行う自主練習をして週末金曜日にリハビリルームで経過を見ていただきます。
作業療法とは家庭や社会で行うことをできるようにすること、洗濯ばさみが開ければ洗濯物干しも楽になる。家事もなるべく右手指を使って力をつけようと努力しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。