運動のきつさ計るボルグスケール

リハビリルームの療法士さんが示すボルグスケール

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題はリハビリルームの療法士さん必携のボルグスケールのお話です。

苦しさはどんな感じ?

今は手指のリハビリの指導をいただくために通う遠州病院のリハビリルーム、担当のまるまるまるまる煎餅さん
が使うことはありませんが、昨年の3月までの入院中は歩くリハビリ運動の途中に何度も示されたのが「ボルグスケール」でした。
ボルグスケールとは別名「息切れスケール」とも言われる運動の負荷や疲労度を患者自身が申請するために示されるもの、歩いたりエアロバイクなどの運動の途中や後でこれを見て度合を申請します。
苦しさは?と聞かれて「とても強いです」などと伝えて加減してもらいます。

患者が申請するスケール

看護師さんや療法士さんなどが使うスケールにはさまざまあり、看護師さんが持つものに「便」のスケールがあります。絵と共に便の形などが書かれており「ころころだったよ」などと排便の様子を伝えます。
病院生活では家庭と違い便秘になりやすく、排便数などを申請して必要であればお薬を処方されたり時には摘便などの処置もしていただけます。
どちらも患者が自ら申請するものですが、示されるとちょっとギョッとするのが便のスケールでした。

運動後の負荷を伝えるボルグシートは老人介護などでも使えそうですね。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。