人差し指ピックで削れる爪

一時間くらいの練習で人差し指の爪の先は削れる

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝の話題は右手指先の痺れのリハビリとして再開したギターの練習で削れる爪のお話です。

右手指先の爪を伸ばして

右効きの場合左手でギターのネックの弦を押さえ右手指で弦をさまざまに弾いては演奏する。痺れた小指を使うことはありませんが指先の力がない親指から薬指は演奏に欠かせません。
フォークギターの場合は親指と人差し指で挟むように持って使う樹脂製のピックで弦をかき鳴らす奏法を多く使いますが現在のところ重いものは持てる指ですがごく軽く薄いピックを保持できない。弦をはじけばピックが飛んでいってしまいます。
そこで右手指の爪を伸ばしてピックの代わりにしたり弦を弾いたりしています。

ピックの代わりは主に人差し指の爪

ピックの代わりに使うのは人差し指の爪を中心に中指と薬指の三本で弦を使っています。その場合には最も弦に
当たる人差し指先の爪が削れてしまう。
写真の〇の中のように練習後は削れてしまい、また爪切りや爪とぎで形を治しています。
力強く弦を弾きたい時は三本の爪先でジャジャーンと弾く、ピックでの演奏には及びませんがそれに近くなるよう工夫を重ねています。

楽しめばこんな演奏の仕方もある

先達のみなさんはこんな弾き方を見て驚きますが楽しんで弾くならばそれもありということ、もちろん変わった弾き方ではありますが楽しむ演奏ならこんな方法だってよいのです。
指先を鍛え、痺れをなくす自主リハビリを続け、もとどおりになるか、それともこの奏法を自分のスタイルにするか、どちらでもよいのでしょう。楽しむ歌そしてギターを続けています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。