遠州病院リハビリルームは病棟3階

遠州病院は浜松都心の10階ビル

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
昨日は手指のリハビリで通う遠州病院リハビリルームのご案内です。

リハビリルームは治療患者専用

昨年2020年3月まで入院と共にお世話になった遠州病院は浜松都心に近い10階の高層棟の病院、隣接した立体駐車場(自走)があり車で通院するのに便利な総合病院です。
今も整形外科に通い手指のリハビリの指導をいただいているリハビリルームは患者専用、3階病棟の一部に(写真では茶色で表示)広いフロアを持ち、理学療法士・作業療法士・言語療法士など60人ほどが活躍しています。
入院と共に担当の療法士さんが決まり、退院後に生活できるよう歩行や生活などのリハビリを行っています。

リハビリは病棟ベッドとの迎え送りが基本

入院患者がリハビリが必要と判断されれば治療のほかリハビリが行われます。担当療法士さんが病棟のベッドまで迎えに来て歩く、補助具で歩く、車椅子で3階のリハビリルームまで移動する(他に病棟ベッドで・廊下などで)リハビリを行います。
立つ・歩く・座るなどの基本運動から階段などの応用までを担当するのが理学療法士さん、家庭に戻って立つ・座る・入浴する・手指を使うなど暮らしに際してのリハビリは作業療法士さんがあたり、患者の状態によっては複数の療法士さんが協力してあたります。

若い療法士さんに元気をもらう

療法士さんはベテランも在籍していますが比較的若く、立てない・よろける・歩けない状態でも安心して体を任せることができます。明るい療法士さんが多く、リハビリ室も和やかでにぎやか、これから通常を取り戻す部屋として活気があります。この部屋は治療ではなく治療後の暮らしを取り戻す部屋、みな健康への運動に励む患者は健康へのアスリートであります。
歩けなかった頃にリハビリルームに行けば同じような状態だった先輩年令の患者さんが補助具で歩き出す、続いてルーム内をしっかりと歩き出すなど励みになることも多く経験しています。

リハビリは病室に帰っても

病室は体を休めるところではありますが、許されれば病棟内などを歩いたり(廊下前面に手すりあり)して自主練習も可能です。デイルームなどに同様の仲間がいれば励まし合ったり、工夫を伝えあったりもできる。
治療と共に心のケアとなり自信となるのもリハビリの効果です。

退院しても外来で

現在通う目的は右手指の痺れを自主リハビリで治すために作業療法士さんについていただきアドバイスをいただいたり経過観察を主治医と共に行っていただいています。
患者以外のルーム使用はできないそうですが、担当医がつけばこのルームで担当が決められてさまざまなリハビリが行えます。
広いリハビリルームを持ち多くの療法士さんが在籍し活躍する遠州病院のリハビリ、オススメします。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。