指先のはさむ力を計るピンチゲージで

痺れた右手指の先の力を計るピンチゲージ

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
昨日は手指のリハビリに遠州病院リハビリルームへ行き、痺れた手指先の力を計っていただきました。

ピンチゲージとは

写真の計測器はピンチゲージと呼び、手指先ではさんで力の圧力を計ります。
親指と人差し指の腹で、爪先で、親指と人差し指・中指先でと計り、麻痺のない左手指との差を見ることができます。
結果は右の親指と人差し指先には力がなく、親指と人差し指・中指でも力がないこと、このあとリハビリ運動として洗濯バサミを右手指先で開いてモノをはさむことをすすめていただきました。
やはりこれは指先だけの力は弱く現在とても苦労します。

指先運動リハビリを行おう

現在心と手指・弱った脚を含めたリハビリとして歌とギターを行っていますが、問題は右手指先でピックという弦を弾くための小さなプラスチック(樹脂)板を持てないこと、手指先の力がやはりないために弦にふれたら落す、飛んでゆくことになります。まだまだ力がないのです。
今後は作業療法士の先生に習った指先運動でその力を回復し、将来はピックを指先で持てるようにしたいと思います。
毎週一回のリハビリで、家庭でのリハビリ方法を教えていただいています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。