手指の輪ゴムリハビリ 手の甲側へ

手の平側から手の甲側へ輪ゴムを移した

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は自主リハビリのひとつ、鷲手となって痺れた小指、筋力落ちた親指の輪ゴムリハビリのお話です。

手の平側から甲側へ輪ゴムを移して

週一で手指のリハビリの指導を遠州病院リハビリルームの作業療法士さんにお願いしていますが、アドバイスをいただいて毎日の自主リハビリをして回復を目指しています。
現在小指は他の指と揃わずに広がってしまい、親指と人差し指の間の筋肉が萎縮しています。
アドバイスいただいた輪ゴムリハビリをさまざまに工夫して行っています。

今までは輪ゴムを手の平側に回していましたが、親指・小指を左右に広げる運動では甲側の筋力を高めること(手の平側には内側に指を曲げる筋肉があります)が必要です。
そこでいつもの輪ゴムを甲側に巻けば、指が内側に曲がらず反らせたまま左右に開く運動ができるようになりました。

手首に巻いていつでもどこでも運動

弱った筋肉を強化し、痺れて広がった指に運動を取り戻す。ゴムを巻くだけですからどこでもこの運動ができるようこの太目の輪ゴムは手首に巻いています。
テレビでオリンピックの応援をしている時間も活用時間、ゴムを巻いてはイッチニーサン!と続けています。
週一のリハビリ時間に褒めていただけるよう励んでいます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。