ご夫婦デュオはアマチュアライブの憧れ

アマチュアフォークライブの憧れ

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は週末の昼間に開催されるアマチュアフォークライブでの憧れのお話です。

心を開き手指や脚を治すアマチュアフォーク

昨日は袋井市浅羽の会場で開催されたソロを含む15組のフォークソングを楽しみました。
おそらく平均年齢は60代となるでしょう。私たちが高校生の頃に聴いたフォークソングなどを中心に歌と演奏を楽しむ。これを土日のどちらかの昼間に見つけて通っています。
ソロや二人、グループという構成の中でうらやましく思うことがあります。ご夫婦で歌うデュオの登場です。

喫茶店を開き二人でフォークソングを歌う

そんな歌詞の歌もありますが、高校時代の夢はギターを弾いて歌い続けること、将来は当時「喫茶店文化」とも呼ばれたように喫茶店を経営すること。もちろん一緒に歌う夫婦での運営です。
僕がマスターで君がお盆をもってね、などと夢を語った頃、まだ何も知りませんでしたがそんな夢を若者は持っていたのです。
喫茶店の経営も大変ですが、その前に二人で歌を歌うことこれはさらに夢に終わることが多くありました。
つきあった彼女が歌えるとは限りませんし、巡り合えることもなかなかなかったのです。

二人で歌うすばらしさ

ステージの上で顔を見合わせて心と歌を合わせて歌うご夫婦デュオが増えていると聞いています。
奥様の歌にやさしく寄り添うように歌いギターを弾くご主人、二人のハーモニーが響けばうらやましいもの。
あんな風に歌いたかったなあと思うのです。

目を合わせて歌いはじめる。歌い終わる。うらやましいデュオが増えているのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。