目的があれば荷を持って歩ける

ギターをケースにいれれば4キロほどに

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝は目的あれば歩きに歩けるお話です。

閉じ籠もっていては脚は治らない

依然コロナ禍の中、不要不急な外出は控えているものの、外に出なければ歩けるようにはなりません。
用を見つけては目的を持って歩けば、買い物も用足しもできる。目的のない散歩より果たすことが出来る喜びで歩むことができるのです。

意外にも思いギターを持って出かける

今週は心と手指のリハビリを兼ね、再開した歌う喜び弾く喜びのために公共施設の音楽練習室を借りました。
これも仲間が出来てこそ、二人で歌い弾けば目的は目標になり心は大きく開く、仲間がいる喜び、一緒に過ごして楽しんでくれる仲間に感謝しています。
そこで家から運ぶのがギターです。たった木製のギター1台ですがこれをケースに入れて持ち上げてみればけっこう重い、また持ちづらいものであります。
今はもっと軽いケースもできて肩に背負えるように進化していますが40年もそんなことから離れていれば未だ持っていない、20代前半ならなんのこともなかったこの重さは63才には辛くなっています。

それでも目的があるから

それでも練習にギターは必要、重かったり持ちづらくともしっかり持って歩く。使わない間にすっかり筋力も衰えた体ながら落とすことも休むこともなく運ぶ、目的あればこんなこともリハビリになり、成し遂げた喜びともなるのです。「持ってあげようか」と優しい仲間が声をかけてくれても、これだけは自分の道具です。

目的あれば歩ける。成し遂げることができる。大いに自分を外に向けていきたい。コロナ以降に向かって少しづつ自分の心と体を使えるようにしていきましょう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。