仲間ができて心も手指も動き出す

高校2年生以来46年ぶりで再会した同窓生と

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝のお話は46年ぶりで再会した仲間と再開した音楽仲間との練習の喜びです。

歌は心を開きギターは指を動かせるようになり、仲間は人生を豊かにする

既に何度かお伝えしていますが高校2年の時にフォークブームにのって同窓生3人で文化祭のステージデビューした。その仲間と先日46年ぶりに再会して歌とギターの仲間ができた。再開した練習会は心の励みとなっています。
まだまだ充分ではない歩き、その脚で重いギターケースなどを持ち出かけるのは大変なことですが、再開した練習日は重いケースを提げて歩ける。そして現在リハビリ中の痺れた手指もギターの弦を思わぬほどかき鳴らしてくれるのです。
なにより練習を共にする仲間ができたことは励みになり楽しみになり、練習前日は眠れないほどの喜びとなる。
63才にして楽しむことをはじめることができ、仲間ができたことをうれしく思っています。

週末の昼間はアマチュアフォークイベントを楽しむ

まだまだ充分ではない体、コロナ禍の中でもあり自粛していることは不用意な外出をしないこと、現在病院外来と家庭の買い物程度の外出とし、週末の昼間だけは衛生に気をつけられているフォークイベントに出かけて心を養っています。
今までは観て楽しむだけでしたが今度は自分たちが演する側に立ってみよう。その仲間が出来て心をさらに開くことができています。
楽しめ、楽しむためには準備をしろと手指のリハビリにはげみ、心をさらに広げようとしています。

まずはそしてこんなことを起こしてくれた先達に感謝、仲間に感謝、まだまだ楽しめることはあるのです。
そしてその中で自分ができることもあるのだろうとお手伝いをはじめています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。