太目のゴムでどこでも手指のリハビリ

少し太目のゴムを手首にどこでもリハビリ

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝のお話はいつでもどこでも手指リハビリ、少し太目のゴムを使っています。

手首にちょうどいい太目のゴムをつけて

普通の輪ゴムより少し太目のゴムを手に入れ手首に着けておくとどこでも手指のリハビリができます。
私の場合は親指と薬指・小指の筋力が衰えてしまいましたので、ゴムをかけては開いたり閉じたり、指を左右方向に開くのです。
作業療法士の先生に聞けば手指を内側に曲げる筋肉はあるけれど左右に広げ戻す筋力が衰えているため、写真のように弱っている指にゴムで抵抗をつけて開き閉じをすることで筋力を鍛えます。

痺れたままにしないように

現在小指と薬指には痺れがあり、小指は揃えた手指から外へ離れてしまいます。
それが運動をすると力が少し戻り動かすことができるようになる。そのままにしておけば痺れは進んでいきますから疲れすぎない程度の筋力運動が必要だそうです。
どこでも手首からはずして指にかけては開いて閉じての運動をしています。

右手でできることで運動とする

生活の中で手指を使うのは当たり前のことで特に意識はしていませんでしたが、リハビリになり筋力をつけようとすれば工夫はたくさんあります。
洗濯物干しをすれば洗濯物を選択ハサミをつまんでは干す、これを右手指でやります。
料理をすれば長い菜箸を使って食材をつまみあげてみる。物をとるのも右手右手指をできるだけ使うようにするのです。

右手指の筋肉萎縮を治す自主リハビリは毎日の生活の中でできることをしてゆくこと、そしてどこでもゴムを使って運動することを楽しみながら続けています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。