週末の心のリハビリはライブ鑑賞

熱を測りマスクをし連絡先を書き換気された中でのライブ

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝のお話は週末の昼間の心のリハビリ、地域で開催されいる安全運営のフォークライブに出かけています。

感染対策をしての拍手・手拍子のみマスクで共に歌えないライブだけれど

まだまだ大きなライブコンサートなどは規制・自粛されていますが地域では体温測定・換気、消毒・マスクをした上でディスタンスをとった会場での小さなライブが開催されています。
演者を含み20名ほどで開くライブでも週末の心のリハビリには充分、歌を聴き、心で歌えば心が開いてゆくのです。私たち高齢者にはまだ届かない世代はフォークソング流行の頃に学生・青年期だったもの、歌は今も歌い継がれて愛されています。
ギターやキーボード、ベース程度のユニットですが歌いはじめればみなあの頃に戻ることができるのです。

今はまだ共に歌えないけれど

ライブ観戦は拍手と手拍子のみで応援するのがルール、マスクをしていても一緒に歌わないようにと注意があります。きっとコロナ前のように共に歌い共感をアピールすることができるようになる。
今は残念ながら心の中で共に歌っているのです。

それでも週一のライブは心のリハビリとなり、今度は歌う側にもなってみようとも思うのです。
そして出かける度に知り合うみなさんと共に歌える世界に戻ることを夢見ているのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。