リハビリの2人の先生に感謝

順を待っていると2人の先生が揃った

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝のお話は昨日のリハビリ、順を待つ間にお世話になった2人の先生が目の前に揃いました。

寝たきりベッドから杖で退院するまで

一昨年の年末に高熱が出て動けなくなり緊急入院してICUで症状を抑えてからの手術となった遠州病院でお世話になったのは主治医ほか多くの医療従事者のみなさん。その中でリハビリを担当していただいたのが理学療法士のIさん、作業療法士のFさんでした。
入院後ほぼ一か月はベッドから降りることもできず、便の世話までかけていた私についてくれた二人はベッドで、ベッドから降りるところから指導いただき、やがてリハビリルームの平行棒の間で立ち上がる、脚を一歩づつ出して歩く、やがては萎えてしまった脚腰の筋肉を取り戻すよう午前・午後に別れてご指導いただきました。

今も声をかけていただくI先生、手指の担当は作業療法士のF先生

二か月もの間週末を除く毎日お世話になり、車椅子で動く・立つ・歩きだす・歩行器・杖・階段などでの歩きを取り戻させてくれた二人とは書き尽くせないほどのエピソードがあります。
今もその関係は続き、先日は足腰を理学療法士のI先生に診てアドバイスをいただき、現在は手指のリハビリをF先生に診て自主リハビリのアドバイスをいただいています。
最も信頼する二人がいるリハビリルームは心から信頼でき、任せられるところです。

今もがんばる後輩健康アスリートたちと共に

病院のリハビリルームは主治医の治療と共に退院後の生活で困らぬよう歩く健康、暮らす健康を取り戻すように学ぶところ、ここに来る人は健康を目指すアスリートたちです。
まるで歩けないお年寄りも毎日少しづつ立ち歩き、やがては病棟内を歩いて運動するようになる。
そんな仲間ばかりですからお互いの励みとなるのです。
もう病院は卒業したけれども、OBとして後輩健康アスリートたちとあの先生方に学ぶことは喜びです。

信頼するところで学ぶこと、相談すること解決するよう少しづつ体を使ってゆくこと、励ましていただくこと。
二人の療法士さんに学んだことを今も健康アスリートとして守りたいと思っています。
二人の先生ありがとう。まだまだ教えてください。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。