46年ぶりのフォークユニット練習再開

46年ぶりにギターを持って歌と演奏を合わせた

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝のお話は46年ぶりに再会した高校時代の同じバン。ドの仲間との初練習のお話です。

ユニット名も昔の名を使って

既に報告済みではありますがあるアマチュアフォークライブに出演したのはかつて高校2年生の時に一緒に文化祭のステージにあがろうよと三人組を組んだひとり、再会してすっかり意気投合し昨日まさに46年ぶりの練習を行いました。
かつてはリーダー手塚くんの名からTEZUKAS IMOバンドと名乗っていましたが、今は二人だけ、私のイチローと
相棒の名マサト・オオバの名からIMO(イチロー&マサト・オオバ)と名乗ることになりました。
イモじゃないんです。アイエムオーなんですよ。

心と手指、脚のリハビリのつもりが再デビューとなるか

当地は今もフォークやロックを楽しむアマチュアが多く、特にフォークでくくられるような生ギター中心の構成のソロ・ユニット・グループが多く活躍していて層も深い、活躍する場も多くあります。
そこに46年のギャップを持つ二人が新ユニットを組んだらどうなるのか、初練習は離れていた46年を埋めながら今の自分を互いにアピールし、演奏も心も合わせてみる時間となりました。
決してうまくなどないけれど音楽好き同士の同窓生はやはり気があうのです。
まだまだとてもアマチュアライブデビューするまではほど遠いのですが夢をみつけることができました。

愉しみあれば手脚は動く

歩くのもようようであるのに昨日は大きく重いギターケースを提げ、プリントした歌詞なども持ち、少し器材なども抱えて練習場に入った。そして歩いてあるいて練習場に入り、夢中になって3時間歌い演奏した。
自分でも驚くほど心は昔をとりもどし、気づかないうちに歩き、手指を使い夢中になっていた。
愉しみながら夢中になることで心も手指も脚も動かしているのです。

心のリハビリを続けよう

ひとりで演っていても音楽はできますがつまらない、合わせる相手がいれば歌とギターで4つの楽器を持つこととなる。さてどんな歌を歌い演奏しようか、大きな夢を持ち広げ、これから楽しんでゆくのです。
目的なしに運動はできにくいものですが、心が急くほど夢中になるものがあればそれはできるのです。
心開き体は動き出す、今後も楽しみながらすすめるリハビリは楽しむ分だけ進んでゆくのでしょう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。