心のリハビリはフォークライブで

昨日浜名湖フォークトピアで開催されたライブで

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝のお話は週末昼間の楽しみ、週一回アマチュアフォークライブを楽しむ心のリハビリのお話です。

指の運動をしながら心を揺さぶる

昨日は浜名湖の舘山寺にあるKAReN(かつての舘山寺荘)を会場に開催された浜名湖フォークトピアのライブを
見に行ってきました。週一に少し遠出しても心を揺さぶりたい。今は手指と脚の自主リハビリ中ですが、イベントに参加すれば自然に歩き、話し、そして心を開くことができるのです。
ライブ中も手指をこすり動かしながらの観客、大好きな歌を聴けば自分もじぶんもと指が動こうともするのです。

中学から・高校から歌い続ける

ある出演者がかつてJR浜松駅近くで路上ライブを演っていたという話をした。座りこんで大きな声で歌いギターを弾いているとまずは外国人がやってくるという。日本在住だから日本の歌をリクエストし一緒に歌いして楽しんだという。日本人はシャイでなかなかやってこない。そんな経験から今は60代、今も歌っている人の喉はすごい、あるライブハウスでそんなに大きな声やギターの弾き方でなくともよい(マイクなどがあるから)とも言われるがかまわず演るんだという。歌は心のままに歌えばいい。そんな彼の選んだ歌は一生歌うんだという歌ばかり、心ゆさぶられる歌を歌ってくれた。

まるで自分が歌ったように

3組が出たライブはどれもすばらしく週一の心開きには充分すぎるほど、帰り道は元気よく帰ってきた。力をもらい夢をもらい、歌のすばらしさを再認識した。
僕も歌いたい。そんな仲間と週一に会えるアマチュアライブはまた一週間後だ。その間に新しい挑戦も待っている。心揺さぶられることをすれば自然に手指も脚も動くのです。歩いて行き演ることができるのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。