手指リハビリ まだまだお猿の手

手指リハビリはまだ中途 お猿のような右手です

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝のお話は指導を受けながらの手指リハビリ、まだまだ右手は痩せていてお猿の手のようです。

神経は筋肉に通っている

金曜日に外来で通っている遠州病院リハビリルームで担当していただいている作業療法士さんに右手指の神経の筋肉への通いを電気治療器で確認していただきました。
電極を当てて一本づつの手指の筋肉に当て、反応の大小をチェックする検査です。
すると曲がってしまっている小指も神経が通い筋肉が動くことを確認、親指もしっかり反応します。
これなら自主リハビリで筋力を戻しましょうと方法をアドバイスいただいています。

お猿の手でも使えば戻る

左手と並べれば親指と人差し指の間の筋肉が落ちてへこんでしまい、それぞれの指への腱の間も痩せている。これをアドバイスいただいた運動で戻していきます。
もちろん動かすことが大切だから右手を使ってさまざまな作業をして使う努力をしています。
料理を作ることも大切で、菜箸を使って野菜や肉を炒めたり煮たりもりつけたり、洗濯干しなども洗濯ばさみで干しものをはさんだり、はずしたりと運動になる。
なんでも手指を動かすことを選んではやる。右手はジンジンと疲れますがきっとこれがリハビリとなるでしょう。

ギターリハビリは1日1時間

週末の楽しみに週一回昼間に出かけている心のリハビリはアマチュアフォークライブに行くこと、懐かしい歌や楽しんでいたギター演奏などに触れれば心が開く、そして演りたくもなるのです。
毎晩時間を決めて歌ったりギターを弾いたりすればこれも右手指の運動になります。そして課題をつくれば夢中になって指が動こうとするのがわかります。
そして新しい夢として一緒に歌い弾く仲間ができそうです。この挑戦は心と手指にどれだけ大きい力になるか、想像すればまた1時間の間楽しむ張りあいができるのです。

今日は週末ライブの日、大いに刺激を受けて手指をピクピクさせて過ごしましょう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。