右指のツメがピックの代わり

ギターを弾くためのピック(オレンジ色)の代わりに爪を伸ばす

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝のお話は手指のリハビリを兼ねて再開したギター演奏、右指で持つピック(オレンジ色のもの)が持つことができません。

ピックは親指と人差し指で持つもの

ギターは左で指板を押さえ、右手で弦をかき鳴らして演奏しますが、演奏のひとつの方法として右の親指と人差し指で写真の▽型のピックを持って弦をストロークします。
現在この指に力がなくピックが弾け飛んでしまうため、右指先で弦を弾いています。
人差し指・中指・薬指のツメを伸ばし三本を揃えてかき鳴らす方法です。

ギターは右手指のリハビリ

もちろんストロークするだけでなくアルペジオと呼ぶ弦を順に弾く方法でもツメは大切、強く張られた弦を弾けば指の運動となる。微妙なタッチができるよう練習すれば失った指の筋力も復活するのではと期待しています。
やがて手指の先の力が戻ればきっとピックも持てるはず、現在重いものは持ててもピックのような軽いものを保持することができません。

輪ゴムギブスとフィンガーエキスパンダー、そしてギターで治す鷲手と手指の痺れ、さまざまな工夫とリハビリ、自主リハビリの毎日は歌を歌う毎日でもある。心のリハビリともなっています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。