リハビリルームで自主リハ成果を褒められる

手指のリハビリを学ぶ遠州病院リハビリルーム(入口)

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。
病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝のお話は昨日の外来リハビリでのお話、指導していただいている手指リハに成果が出てきました。

手指リハビリは輪ゴムギブス+カインズフィンガーエキスパンダーで

手指のリハビリは昨年3月まで入院・リハビリでお世話になった作業療法士のまるまる煎餅さん(女性)に指導いただき先週お話したとおりに痺れた手指の筋力を増すよう輪ゴムギブスで自主リハ中、鷲手となった右手薬指と小指、筋力が落ちてしまった親指を中心に運動をしています。
毎週一回通えば動きがよくなってきた手指を褒めていただけ、さらに動くように次の課題をもらっています。

フィンガーエキスパンダーを紹介する

今回まるまる煎餅さんへのお礼に持参したのは一昨日紹介した杉本さんから教えていただいたカインズの”フィンガーエキスパンダー”です。
せっかくの紹介の商品ですからより使うだろう現場で使っていただきたいと2組買った1組を渡しました。
作業療法士さんならばより広くさまざまな患者さんに使い、活用いただけるだろうとte思います。
ご存知ない商品でしたから大変喜んでいただけました。

手指の運動は腹筋に通ずる

右手指の薬指・小指が痺れ親指と人差し指の間の筋肉が萎縮した手を治したい、それぞれの指を動くようにする運動をしていますが、手指は意識して動かさなくとも動くもの。それぞれの指を意識して動かそうとすると力のかけどころがわからないもの、じつは手指を動かしていると腹筋まで使っているのです。
そんな話をしながらまるまる煎餅さんと話しながらのリハビリ、来週までの課題はさらに動くようになること。
毎日自主リハビリは続きます。
来週までに成果をあげたい、なぜか腹筋にもなる手指リハビリ続けていきます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。