信頼するリハビリルームで運動再開

遠州病院の広いリハビリルームで

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。

病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々です。
今朝のお話はかつて入院し2か月もの間リハビリを受けた遠州病院リハビリルームで昨日は指リハビリを受けました。

作業療法とは生活の中の不便を解消するリハビリ

広いリハビリルームに行けば理学療法士さん作業療法士さん(別に言語療法士さん、訪問リハビリのみなさん)が入院患者や私のように外来患者をそれぞれのオリジナルメニューでリハビリを行っています。
昨年3月までの2か月間立つこともできなかった私は歩けるようにまでしていただいた。主に歩く機能をあげてくれるのが理学療法士さん、生活の中(例えば布団に寝る起きる、手指をつかってさまざまな作業をするなど)の作業を取り戻すように指導するのが作業療法士さんです。人によっては両方の療法士さんが連携してリハビリにあたります。私もそのひとり、歩きもまだ充分ではなく手指の痺れはまだ続いていますが、まずは作業療法士さんについて運動しています。

リハビリルームは取り戻す努力の場

順番を待つ間に他の患者と療法士さんの様子を見れば病衣を着た患者さんがそれぞれのメニューで運動している。かつて平行棒の間で立ちあがることからはじめ、両手を平行棒について歩く、片手離しで歩く、そのうちに両手離しで歩く、そして持続力を高め、やがて広いルーム内を最初は歩行器で、そのうち杖でと歩き進め、階段や一部外にある斜路などを歩くことを経験しながら学ぶ、今もさまざまな状況の患者さんがここで運動している。
遠州病院は治療のほかに生活を取り戻すリハビリが一体となって退院後の生活に夢を見せさせるよう指導してくれることが魅力です。

一人ひとりオリジナルメニューで

卒業生ながらまたここに戻って外来リハビリをお願いしているのは主に脚のリハビリを受けて退院したものの、その後に肺がんなどの入院が続き再び脚の萎えがはじまったことと、続いて手術を受けた手指の痺れのために肘の手術を受けたこと、その際のリハビリを受けていないからです。
病気の治療は主治医が、リハビリはやはりプロである療法士さんからお願いしたい。信頼するリハビリルームに再度通い、かつての状態を知るみなさんについて再び学んでいます。

手指に続いて脚も

現在自宅リハビリのための手指リハビリ方法を学んでいますが、足腰も弱いことから新たに整形外科に通い、リハビリを再開することになりました。
生活の中で毎日できる自主リハビリを学ぶ、自分にあった運動を教えていただこうと思います。
週一で通いながら状態の状況を療法士さんから主治医に伝えていただき治していこうと思います。
取り戻す場がリハビリルーム、私のためのオリジナル運動を考えてくれるここを信頼しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。