遠州病院で外来手指リハビリ

朝一番の手指リハビリは2か月お世話になったリハビリルームで

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。

病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々、今朝のお話は手指の自主リハビリのためのご指導をお願いしている遠州病院リハビリルームでのお話です。

まるまる煎餅さんとすっかりスマートな理学療法士さん

外来で手指の自主リハビリを教えていただいているのは遠州病院リハビリルームの作業療法士まるまる煎餅さんです。昨年春までの入院時に毎日お世話になったこの部屋で担当してくれたのが作業療法士のまるまる煎餅さんと、理学療法士のキャンプさんです。
今朝はあれから一年余りで筋力トレーニングで鍛えたというキャンプさんが挨拶してくれた。あだ名どおりキャンプとコーヒーが好きという好青年です。
これから脚の自主リハビリの指導をいただけるようお願いしています。

自主リハビリの前のプロの指導

外来で通うことにしたのは鷲手となって痺れる右手指の自主リハビリの方法を学ぶこと、またさまざまな計測もしていただき経過観察をお願いすることです。
自宅でもできるよう工夫した方法を学べばムリなく効率よく回復ができそう。プロにコツと努力点をきいてすすめていきます。医師だけでなく連携してすすめてくれる遠州病院のリハビリスタッフを昨年春までの入院時から信頼しています。

手指の痺れや麻痺は肘から

既に肘を手術して肘をとおる神経の道の圧迫を対策していますが長く麻痺したものは元には戻りにくい、手術時には既に重症だったため萎縮した筋肉を戻すには時間がかかる、それも60代となれば元に戻るかはわからないといわれています。
ならば元へ戻すより進行をとめ、今できるように工夫するのみ、できないことを数えてはいけません。
肘を曲げつづけたり圧迫したり、過度に右手指を使い過ぎてはいけません。
はじめているギターリハビリは興味深く話を聞いていただき、肘を守りながらの行うよう指導いただきました。
主治医の検診とリハビリで踏みとどまるか、果たして先に行けるか、最良の方法をとれている満足感のある外来となりました。治すぞ!欲張らずに留まるぞ!

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。