薄いボディで手軽にギターリハビリ

師匠にお借りしている薄型ボディのギターで

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。

病後となった今は病中に衰えた手指と脚を自主リハビリで治す日々、今朝のお話は薄型のボディのギターで手軽に取り組むギターリハビリです。

師匠からお借りしたギターで

昼間は座り仕事、夜になれば夜な夜な楽しみながらはじめる指のリハビリはギターリハビリです。
病中に固まってしまった右手指を慣らし、元通りにしたいと取り組む自主リハビリです。
主に使っているのはビートポップの師匠からお借りしている小型で薄いボディーのギターです。
フォークソングで弾かれるギターはボディも厚く大型となり手軽とはいえないもの、このギターは小型でボディーが薄いことから手軽に抱えて弾くことができるのです。

指が痺れるほどの運動

現在作業療法士さんについて手指の運動のアドバイスを受けていますが家では自主リハビリ、ギターで歌うリハビリは心まで広げ癒されるものです。
そしてしばらく夢中になれば手指がジーンとするほど疲れで痺れるほど運動となるのです。
そして週末には先達である仲間のフォークソングライブを観戦して学び、いつか自分もと夢を見るのです。
歌は過ごしてきたさまざまな時代の歌、60年代に音楽に目覚め青年期は自らも歌い、その後もさまざまな歌を楽しんできた。尽きることがない心の資源を掘り起こしては手指を使い、思い出しては心を躍らせているのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。